傷病手当金受給マニュアル うつ病の方が傷病手当金申請をして会社を退職し、安心した療養生活を送れる方法をお教えします。


こんにちは。 藤田まこと と申します。

あなたがつらい病状のなか、このページを見てくださることに
本当に感謝いたします。


私も実は、うつ病のために会社勤めをすることができなくなった人間なので
あなたの気持ちは良く分かります。



私は、ある日を境に朝起きるのがつらくて仕方がない!

会社にいくのが嫌でたまらない!人間関係が苦痛!
という最悪な毎日を送るようになっていました。



人間関係の重圧や仕事での緊張から
ある朝会社に行くのがとてもつらく、どうしても行くことができませんでした。

1日休んでしまうと、次の日も行きたくなくなってしまう。

結局、会社にだんだん行きにくくなってしまいました。

その結果、私は会社から戦力外通告を受けました。

 

2年間付き合った彼女との結婚を控えた矢先で
会社を辞めることになり、突然収入が断たれてしまったのです。

彼女にも両親にも迷惑をかけ続けましたし
病状はいっこうに回復する様子はなく

このままの状態が続いたらいったいどうなってしまうんだろう?

自分はなんてダメな人間なんだ・・・

という不安と失望で押しつぶされそうになりました。

実際、両親や彼女の前で涙を見せたことも1度や2度ではありません。


両家の結婚に対する責任の重圧。一銭も稼ぐことのできない経済的非自立や不甲斐なさ。
心理的ストレスからくる嘔吐感や倦怠感など。

すべてを投げ出してしまいたい、消えてしまいたい。そんな時期もありました。


そんな私ですから、あなたの気持ちがよく分かります。

でも、私はある出来事を機に、

その心理的ストレスがおおきく解消に向かう、「きっかけ」に

偶然出会い、知ることができました。

私はその「きっかけ」のおかげで現在、ある程度の気持ちのバランスが取れた、

一歩一歩前向きに進める「自分らしい」生活を取り戻しつつあります。

ですから、

同じ悩みを抱えるあなたに少しでもお役に立てれば、不安を解消できればと、

このページを見てくださったご縁とともに、その「きっかけ」をお知らせし、


もう、あなたが

同じ悩みを抱えるあなたに少しでもお役に立てれば、不安を解消できればと、

このページを見てくださったご縁とともに、その「きっかけ」をお知らせし、

これ以上頑張らなくてもいいように 。

少なくとも、あなたから経済的不安を取り除き、

療養に専念できるようにすること


それが、私の使命とも感じているのです。


もっと知られるべきなのです、この制度。

私がとても苦しい状態にあった中、わらをもつかむ想いで、
同じうつ病で療養中の知人に悩み・辛みを聞いてもらいました。
それが、先ほど申し上げました「ある制度」を知る「きっかけ」になったのです。

その制度が傷病手当金です。


彼はうつ病の療養中で働いていないのに

金銭的な問題は一切ないように見えました。


決して家が裕福なわけでもないのに、
なぜ生活ができるのだろうか?

気になって、聴いてみたところある事実が分かりました。

彼は傷病手当金を受給していたのです。

傷病手当金というのは病気が原因で会社を休職や退職した場合に
健康保険組合から給与の3分の2程度のお金が給付されるという制度です。


私の場合、傷病手当金を受給することで
1年6カ月の間、月額約23万円を受け取ることができると分かりました。
総額で399万円ほど受け取れることが分かりました。

退職したにも関わらず、私は傷病手当金を受け取ったおかげで
お金の心配をせず、療養生活を送れるようになりました。

経済的な不安が取り除かれることは
精神的にも安定につながりました。

今では、毎月お金を受け取り続けながら静かに療養生活を送る毎日です。

調子の良い時はこうしてあなたにお手紙を書けるくらいに
病状も回復してきたのです

傷病手当金の存在を知り、活用したことで私の人生は激変しました。


この素晴らしい制度を、あなたには
ぜひ知ってもらい、活用して頂きたいと思うのです。



なぜ、傷病手当金制度を活用してほしいか?

傷病手当金でお金が貰えるのは分かった。

でも、お金を貰うんだったら失業保険があるんじゃないの?

傷病手当金をわざわざ貰う必要があるの?


と、あなたは思われたかもしれません。


ここで、重要なことをあなたに申し上げます。

失業保険は、傷病手当金を1年6ヶ月貰いきった後から

受給することが可能なのです。


傷病手当金は、働くことができない人がお金を受け取ることができる制度です。


就職活動をするのが難しいのであれば傷病手当金を受け取った方が断然お得なのです。


というのも金額面のメリットも多くあるからなのです



現在、賃金日額に対する失業給付の支給率は50~80%

(60歳以上65歳未満は45%~80%)と定まっています。


給与の半額程度しか貰えないケースが多いうえに

給与が高い場合には上限が決まっています。

支給期間も支給開始後最大90日~150日です。



一方で、傷病手当金は

給与の3分の2が支給されるうえに

支給期間も1年6カ月と非常に長いです。

 

しかも、途中で病状が回復した場合には

傷病手当金を失業手当に切り替えて就職活動を行うこともできるのです。


この図を見てください。




誰が見ても一目瞭然なことを申し上げますが、

①の失業手当のみの支給では、支給期間3ヶ月間で最大支給額80%だとしても、

支給額は合計72万円です。

3ヶ月の間コンスタントに24万円支給されることは非常に助かることですが、

これはあくまでも就職活動を行うための手当金です。


②の傷病手当金のみの支給では、支給期間が1年6ヶ月間もありながら、

確実に給与の3分の2が支給されますので、支給額は合計360万円になります。

これだけ長い期間、一月当たり20万円支給され続けますので、
経済的な不安を一切感じることなく療養生活を送ることができ、
現在うつ病でお悩みのあなたでも、

「心のゆとり」が生まれるのではないでしょうか?


さらに、なによりも私やあなたが望んでいることである「うつ病の克服・完治」が

達成され、晴れて次なる就職にむけ、前向きに進んでいけるのでしたら、

③のように、加えて3ヶ月間、合計して72万円の失業手当をも受給できることとなり、

約2年間で総額432万円を受け取ることができるのです。


私は、うつ病を患う以前、ただただ何気なく生活をしていた時は考えもしなかったことでしたが、
この制度で療養させていただいている今では
「本当にこの国の制度は私たちを守ってくれるのだな」と実感し、本当に感謝をしております。


ただ、傷病手当金は健康保険の被保険者期間が継続して1年以上ないと

【不支給】となってしまうのですが、あなたが健康保険の被保険者であれば

傷病手当金を受給する条件は満たしていると考えて大丈夫です


いかに傷病手当金がうつ病で退職する人にとって

魅力的な制度かおわかり頂けたでしょうか?


金銭的に安定した生活を送ることで精神的にも

安心できる療養生活を送ることができます。


そんな療養生活をあなたも、ぜひとも送っていただきたいのです。



傷病手当金は、この1つの条件さえ満たせばOK

「そうは言っても、私でも傷病手当金を受給できるのだろうか?」

と、あなたは思われたかもしれません。


実は、先ほども申し上げましたとおり

傷病手当金を受給するにはたった1つの基本条件を満たせば受給されます。

それは

健康保険(協会けんぽ又は健康保険組合)に加入している必要があります。

この条件さえ満たしていて、かつ、あなたがうつ病であれば

あなたは傷病手当金を受給することができます。




傷病手当金をスムーズに受給するためには?

「それなら、マニュアルなんて見なくても受給できるじゃないか。」

だれもが、そう思ってしまうかもしれませんね。


ええ、確かにそうかもしれません。


しかしながら、傷病手当金をスムーズに受給ができない、

いいえ、もしかすると、受給すらできなくなってしまうパターンがいくつかあります。


そんな時は、このパターンを知っているだけでも単純な失敗を防ぐことができます。



早速、ご説明したいと思います。


まず、傷病手当金を受給するために必要なのが

あなたの主治医が書いた「健康保険傷病手当金請求書」(以下請求書)です。

この請求書を会社に提出するのですが、


<パターン1>

あなたの病状を主治医の先生に正確に理解してもらえない可能性があります。


実は、私も一度だけ崖の縁から突き落とされる想いをした経験がございます。


「少しでも今の気持ちが楽になれれば・・・」

そう思って受診した先である医師から驚くべき宣告を受けたのです。


「うつ病かもしれないけど、休職するほどでもないでしょう?」

医師のそんな冷たい言葉が、私の胸を深くえぐり、絶望感を味わいました。


「そもそも、本当にひどいときは通院すらままならないのに・・・」

医師にも理解されない事で、私は余計に塞ぎ込むようになった時期もありました。


また、そもそも面倒だから請求書を書かないという先生もいらっしゃると聞いています。

そういった先生に当たってしまった場合は病院を変える必要もあります。


では、どんな医師どんな病院を選んだら良いか?は

このマニュアルの中で詳しく・丁寧にお伝えしております。


また、請求書を書いてもらってからも傷病手当金が不支給になるケースもあります。

それは、


<パターン2>

請求書を書いてもらったあとに会社に出社してしまうことです。


退職日に挨拶廻り、私物の引き取り、引継ぎ等のため出勤し、

出勤扱いされると継続して労務不能の状態が途切れ、傷病手当金は不支給となります。


くれぐれも気をつけるようにしてくださいね。


この他にも、会社を辞める前にすべきこと、

会社といざこざにならない、すんなり療養へ移れるノウハウを

余すことなく公開しています。



難しいノウハウは実践できないんだけど・・・

おっしゃる通りですね。


うつ病であるあなたに難しいノウハウを渡して

「頑張って実践しなさい!」というのは、あまりにも酷です。


私もうつ病ですので、その気持ちはよく分かります。

頑張りすぎるのは絶対によくありません。


でも、ご安心ください。


本マニュアルで行う傷病手当金の申請は

決して難しいことではありません。


手順通りに決まったように書類を作って提出すれば

申請ができてしまうのです。


私自身、うつ病に苦しんでいたもっともひどい時期でも

無理なく実践できた簡単なノウハウですのでご安心ください。


その具体的な方法を、すべて私がお教えします。



ほかの類似情報と違う点


今、書店やネット上では、うつ病で会社を退職・休職する際に

公的資金を受け取る趣旨の情報があふれていますが、それらの多くは

「障害年金」を受け取る情報であることがほとんどです。


障害年金は不正受給問題が多く指摘されており

問題になっているにも関わらず、多くの販売者は無視して

グレーゾーンのノウハウの販売を続けているのが現状です。


しかし、本教材は、そのような不正受給を推奨するものでは一切ありません

ので、ご安心ください。


また、本書は一般的な書籍とは違い実際に著者である私の

リアルな経験をノウハウ化した実践的な情報であるという点が他とは違います。


一般的な制度の概要や申し込み方法をまとめたものではありません。


その証拠に、精神科医の先生や 社労士の先生からも、
面白いノウハウだと絶賛の声を頂いております。

 

このノウハウを知らずにいることで

うつ病であるのに会社を休めず、

心身ともに ボロボロになってしまう可能性もあります。


そうなる前に、私はあなたを助けたいのです。



でも、公的な資金をもらうのって抵抗があります。

「国からお金を貰うのって抵抗があります。」

とあなたは思われるかもしれません。

あなたはとても真面目な方なんでしょうね。


真面目なことは素晴らしいことなのですが

そういった真面目な方ほど、うつ病にかかりやすい

とも言えるかもしれません。


しかし、ここで一度、保険制度の意味を考えてみてください。


あなたが会社員であれば、毎月健康保険を給与から天引きされていましたよね。


これは「保険」ですから、あなたに何かの障害が起こったら

当然、もらうことができるお金なのです。そのための「保険」なのです。


さらに、傷病手当金を支払っているのは会社ではなく

「健康保険」から支払われるお金ですので、あなたがお金を受け取ることで

会社に迷惑がかかることは一切ありません。


また、あなた自身が傷病手当金を受給していることを

誰かに公表しない限り、他人にも分かりません。


ですので、安心して傷病手当金を受け取って、堂々と療養に専念してください。

そうすることが、あなたのうつ病を改善するための近道かもしれません。



具体的にする事は、たった一つです。

ここまで読んでくださったあなたなら

「ぜひとも傷病手当金を受給したい」

思われたことでしょう。


先ほど申し上げましたとおり、このノウハウは

私自身がうつ病で苦しんでいた中で実践をして


実際に傷病手当金を受け取ることができるようになるまでの

一部始終をまとめたリアルなノウハウです。


あなたがする事は、

このノウハウを読み、書いてある通りに実践していただくことだけ

です。

そして、マニュアルには以下のようなことが書いてあります。


  • 請求書の具体的な書き方と注意点とは?
  • あなたはマニュアルに書いてある通りに手続きを進めていくだけでよいのです。
    なぜなら、あなたは傷病手当金を受け取るにあたり、
    必要な作業や手続きがまったく分からない状態ですので、
    私が必要なことを順序立てて丁寧に解説したものが本書だからです。

  • たった2回、病院に通うだけで傷病手当金の診断書を書いてもらうことができます!
  • 初診である1日目から診断書や申請書を書いてくれる先生は稀です。
    ですが、2回目の通院だったら診断書を書いてもらうことが可能です。
    そのための手順を具体的にお伝えします。

  • どんな人でもたった1日で健康保険傷病手当金請求書を書いてもらう裏技も伝授します。
  • さらに強力な裏ワザを使うことで、どんな人でも一発で傷病手当金の申請書を
    書いて貰える驚きの方法を伝授します。
    しかし、決して悪用はしないでください!
    あなたを信じて、このやり方を公開したいと思います。

  • 診断書や傷病手当金の請求書をすんなり書いてもらえる医師の探し方とは?
  • 診断書や請求書を「面倒だから」という理由で書いてくれない医師もいます。
    そういった医師に当たらないように、
    ある方法を使って、すんなり書類を書いてもらえる医師を探す方法があります。
    その方法をあなたにお教えします。

  • 複雑に見える傷病手当金を受給する条件や概要が簡単に理解できます。
  • 本書では、難しい言葉は極力避けて、病状に苦しんでいる方でも
    理解しやすいように分かりやすく解説しています。
    私自身、傷病手当金のことを学ぼうと、本を買って勉強しましたが、
    書いてあることは専門的な内容ばかりで、理解するのに非常に苦労をしました。
    あなたは、そんな苦労をぜず、傷病手当金を受給し療養に専念してほしいのです。

  • 私、藤田が実際に傷病手当を受給するまでの、実体験を順序立ててお話します。
  • 私の事例とあなたの今、置かれている状況を比較して、
    傷病手当金を受給するまでの参考として活用していただければ嬉しいです。
    ある医師やある病院を選び、傷病手当金の受給が認められ、
    会社を辞めるまでの一部始終をマニュアルの中で公開しております。

  • うつ病で退職して、傷病手当金を貰い、その後も貰い続けるために必要なノウハウとは?
  • うつ病で退職して傷病手当金を貰い続けるにはコツが必要です。
    とはいっても、決して難しいことではありません。
    ごくごく基本的で当たり前なことをするだけで、あなたは1年6カ月間、
    傷病手当金を貰い続けることができます。

  • すぐに会社を辞めてはいけません!会社を辞める前にすべきこととは?
  • コレをするだけで、確実に傷病手当金を受給でき、療養に専念できます。
    あなたの辛い病状をより早く善くするために、会社を辞める前の「あなたがすべきこと」
    を余すことなく公開します。

  • 会社を辞める時の注意点とは?
  • これを知らないと、会社と無益な争いをすることになりとても面倒です。

  • 会社を辞めてからやること
  • 1か月以内に●●●で手続きをしてください。
    この手続きをすることで、あなたの療養生活はさらに経済的にも安定した
    療養生活をすることができます。

  • 不正受給に注意!こんなことをしたら不正受給になってしまいます。
  • 傷病手当金を受け取る際に、このやり方をしたら不正受給になって
    違約金を支払わなくてはいけないことになります。
    どういう事例のときに不正受給になるかお話します。


でも、マニュアルって高くないですか?

あなたが、そうおっしゃる気持ちも良くわかります。


これらの内容を知るために社労士さんに相談すると
1時間5000円ほどの相談料が必要です。


問題が解決するまでには最低でも2週間以上かかり、
相談回数を重ねた上で傷病手当金が受給できた際の
成功報酬なども考えると合計5万円以上の相談料を支払う必要があります。


やはりお金を持っている方だけが有益な情報を知ることができるのでしょうか?

そんなことはありません!


私と同じ「うつ病」で苦しんでいる、同じ悩みを抱えるあなたには、

もっと安い値段で傷病手当金を受け取る方法を知ってほしいのです。


しかしながら、私自身このマニュアルを作成に至るまで
多大な労力と費用をかけております。隠さず申し上げますと、

マニュアル作成のために読んだ書籍が約1万円。

マニュアル作成のために使った時間6カ月以上で、時間になおすと
マニュアル作成にかけた時間 およそ100時間×時給1000円として10万円程度。


また、病気の私一人ではマニュアルを作ることができなかったので協力者である知人に
私の家まで来てもらって、いろいろ相談に乗っていただきました。


その際、彼が使った食費・交通費などを考えるとゆうに数万円はかかっています。

そう考えますと、
本マニュアルには20万円前後の価値があると自負しております。

実際、あなたがマニュアルを活用して、傷病手当金を1年6ヶ月間受け取る際に
得られる金額を考えると決して、高すぎる値段ではないと思います。

とはいっても、うつ病で苦しんでいるあなたに「20万円お支払いください」とは

私は到底、申し上げることはできません。


そして、悩みに悩んだ末、

うつ病と闘いながら仕事を頑張られている方なら、どなたでも手に入れることのできる
通常価格19,800円(税込)
とさせていただくことにしました。

うつ病に悩む多くの方が、少しでも早く療養に専念できるよう、

多くの方に手にして頂ける、お求めやすい価格になったのではないかと思います。


しかし、近年のうつ病の方の増加とそれに伴う自殺者の増加。

また、100年に一度の未曾有の経済不況の中、
私の身の周りでも、うつ病で会社を休職・退職する人が多数おり、


その多くの方がお金に困りながら、うつ病と闘っている実情がございます。

そんな時代背景を考慮しまして

特別に、定価の19800円(税込)から1万円を差し引いた
【特別価格】
9800円(税込)
で本マニュアルをご提供いたします。

ただし、このマニュアルはあくまでも期間限定の価格です。

また、本マニュアルでは
特典として365日間のメールサポートをお付けしている関係で
私のもとには、連日うつ病で苦しむ方からのメールが殺到しています。

そういったメールには1つ1つ丁寧にご返信をしておりますが
返信をするのが難しくなってきたと私が感じるようになった段階で、
誠に申し訳ありませんが、
定価を値上げるか、もしくは、一時的な販売終了も考えております。


つまり、特別価格は今だけの限定価格とさせていただいております。

~ 経済的不安を一切無くし、うつ病の療養に専念したい方へ ~
~ うつ病療養のために会社を休みたいけど収入源に不安がある方へ ~
下記の申し込みボタンをクリックしてマニュアルを手にしてみてください。


会社を休職しても、退職しても安心してうつ病の療養生活を送るために

傷病手当金受給マニュアル
~うつ病でもお金の心配をしないで
会社を退職して療養生活を送る方法~
※商品イメージです。
※お届けするのは本編38ページのPDFです。
※書店には置いていない再現性のあるテキストです。

19800円(税込)
【特別価格】
9800円(税込)




銀行振込・郵便振替、クレジットカード、BitCash、コンビニ決済がご使用可能です。
インターネットでのお申込みは、年中無休、24時間受け付けております。

ネットでの購入では、不安だし・・・よく分からない方は
電話でオペレーターがお伺いしますのでそちらをご利用ください。
>>お電話でのお申し込みはこちら<<
お電話の受け付けは、平日 10:00~19:00 まで

※ 商品に関するお問い合わせは下記のメールアドレスまでお願い致します。
info@@teatekin.com

効果保証
傷病手当金を受け取れなかったら
全額返金

もちろん、効果がなかった場合には私の名誉にかけて費用をいただくわけにはいきません。

ですので、全くリスクなくこのマニュアルをお試しいただけるよう
返金保証をお付けいたしました。

この返金保証は、あなたに確実に傷病手当金を受給させることができる
本マニュアルの効果と私の自信の根拠
であることを重ねて申し上げさせていただきます。


もし、うつ病と診断されたにも関わらず
マニュアル通りに行動しても傷病手当金の申請書を医師に書いてもらえなかった場合は、
このマニュアルの費用を全額返金させていただきたいと思います。


購入日から1年以内に傷病手当金を受給することができなければ、
一言私にメールでご連絡下さい。
あなたからお預かりした商品代金を15日以内にご指定口座にお振込みいたします。


私はあなたに傷病手当金を受給させる自信があります。

それは、私や私の友人が実践して結果が出たやり方であり
知人の精神科医や社労士の方に聞いても問題がないと言われた方法だからです。


さらに・・・
うつ病でお悩みのあなたが、より確実に傷病手当金を受給されるために

先着100名様に限り9,800円相当特典サポート体制をさせていただきます。


このマニュアルを手にして終了!
そんなことはしたくありませんし、するつもりもありません。
マニュアルの内容を実践し、納得のいく療養生活を送る間
365日間、メールにて何度でも徹底して
フルサポートさせていただきます。


ただ、メールサポートは混乱を避けるため先着順にて行います。
混み合っている場合などは少々お時間をいただくことがあります。

通常、24時間~48時間以内にお答えしております。
法律の改正や、既存のノウハウよりもっと良い事例があった際には
マニュアルをバージョンアップして無料で
お届けさせていただきます。
メールサポートの際に頂いたご質問などから、
購入者様でシェアしておきたい内容や、
マニュアルの実践にあたって知っておいて欲しいことが
新たに出てきたら、「購入者通信」の中でお伝えします。
ついうっかりで傷病手当てが受給されない、もしくは、重度のうつ病のあまり、
ご自身の判断で、うつ病に関わる医師の診断、対応、傷病手当ての手続きができなかった
というメール報告事例が来ております。

そのような方のために、事前チェックリストを作成中です。
作成出来次第、ご提供させていただきます。

本マニュアルを読むのはあなた一人だけですが、あなたの周りには私も含め、
うつ病を乗り越えようとしている、たくさんの方々から頂いた事例やノウハウが
詰まっています。

あなたは決して一人ではありません。
確実に傷病手当金を受給するノウハウやあなたへのフォロー体制は万全です。
もう、一人だけで悩む必要はありません。


下記の申し込みボタンをクリックしてマニュアルと特典サポートを手にしてください。





ご購入者様から感謝の声を頂きました

PC 24時間部分売れ筋教材ランキング第1位



ご購入者様から感謝の声を頂きました。

お金からくる心配はなくなったので、これから少し前に進めそうな気がします。

藤田さん
このまえメールありがとうございました。●●です。

今日無事に手当金を確認できて、なんだか気が楽になりました。
お金からくる心配はなくなったので、これから少し前に進めそうな気がします。

でも藤田さんが言っていたように、これからが本番ですよね。
焦らないでゆっくりと療養していきたいと思います。

マニュアルを購入して藤田さんのメールや、このマニュアルに
本当に救われたと思っています。

また連絡しますね。ありがとうございました。

神奈川県在住 
匿名希望さま

これを読んで落ち着いて物事を進められました。

このマニュアルを購入したとき正直、半信半疑で買いました。すみません。
でも、今となっては療養に専念できることにとても感謝しています。

ありがとうございます。

このマニュアルは診断書を書いてもらうための手順が細かく書かれてたり、
成功例や失敗例、藤田さんの実例も自分と比較しやすく、すごく参考になりました。
これを読んで落ち着いて物事を進められました。

でも、診断書を書いてもらう病院が見つかるまで少々大変なところもありましたが、
僕一人ではどうにもなりませんでしたし、このマニュアルを利用して
医師とうまく付き合うことが出来るようになれました。

ホントにありがとうございました。

埼玉県在住 
大川様

上記以外にも、あと十数人くらいの感謝の声を頂いております。
(具体的な文面の公開は控えてほしいとのご希望がありますので、公開しておりません)


ただ、皆様からいただくお言葉の中の多くは、
・私、藤田のメールのやりとりで、なんとか傷病手当金の受給までやって来れた。
・マニュアルの手順通りに進めていたら、本当に傷病手当金が受給できて驚いた。
・会社の退職でのいざこざがとても不安だったが、何事もなく退職もできた。


といった、
フォロー特典での不安解消、マニュアルに書かれているノウハウが強力
という傾向が見受けられます。


あなたも傷病手当金を受給し、療養に専念できる喜びの声をぜひ、
届けていただけたらと思います。






FAQ よくあるご質問

お客様からよくお問い合わせいただくご質問の答えをQ&Aとしてまとめました。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせいただく前にぜひ一度ご確認下さいませ。

Q1 傷病手当金というのは障害年金とは違うのですか?
悪質な障害年金の受給マニュアルがネットで出回っていて
問題になっているという話を聞いたのですが・・・
A1 当マニュアルは、うつ病でお悩みの方に傷病手当金を正当に受給するための手順を
記載したもので不正受給などの悪用目的で使用するためのものではございません。

また、傷病手当金は障害年金とは異なるものです。

傷病により欠勤し給料が支給されない場合、
安心して療養に専念出来るように健康保険から
賃金の一部に相当する現金が給付されるものが傷病手当金です。

Q2 このマニュアルを読んだら必ず傷病手当金を受給できるのですか?
A2 当マニュアルは全ての方に効果があることを保証するものではありません。
うつ病には様々な症状・病状があり、個人差があります。

軽度のうつ病で会社を休むほどに悪くはない。
という場合には、手当金が出ない可能性もありますので
まずは病院等での治療を受けて会社を休んだり辞めたりしなくても
働けるようになることを目指された方が良いと思います。

上記以外にも、多種多様なご質問をいただいております。
やはり、一人一人違ったお悩みや心配があるのだな、と日々実感しております。


また、私が非力なあまり全てのご質問に対して、
的確な内容でのアドバイスができないかもしれませんが、
一つ一つ心を込めて、丁寧にメールの返信をさせていただいております。



あなたに少しでも不安解消になる糸口が見つかれば。
誠心誠意、サポート対応させていただいております。



追伸
最後まで、お読み頂きまして誠にありがとうございます。

本マニュアルはうつ病でお悩みの方が経済的な不安から解消され、
社会復帰するまでの「道のり」を心から応援しております。

本マニュアルのやり方で傷病手当金を貰いながら療養するということは社会から

ドロップアウトするのではないか?
本当に社会復帰できるだろうか?

という不安な気持ちになる方もいらっしゃると思います。


しかしながら、うつ病の治療にとって最も有効なのは、
ストレスの元となるものから離れ、
仕事などをしないでじっくりと療養することだと思います。


仕事がストレスの元になるのであれば、
なおさら仕事から離れて療養をした方が善くなる可能性は高くなります。

事実、わたし本人がその事例の一人ですし、
昔と比べて自分自身でも、友人からにも「少し明るくなった」と言葉をもらうほどになりました。

この手紙を読んでくれている、そんなあなたが
「傷病手当金を受け取り療養生活が送れるようになりました」
と喜びの手紙を私の元に届けてくれること。

それが私の一番の幸せです。

そして、まだまだこの先、道のりは長いかもしれませんが、
わたしとあなたで一緒に「社会復帰のゴール」を目指していけたら、と考えております。

あなたが1日でも早く、
うつ病で悩まなくなる日々を過ごせるように心より祈っております。

うつ病療養パートナー
うつ病退職コンサルタント 藤田まこと

dummy dummy dummy